レセラの考えること




レセラ美容論 「肌はホめ育て」



「あなたの肌には、悩みがありますか?」
シミ、しわ、乾燥、タルミ、くすみ、クマ、毛穴、ほうれい線 などなど・・・
現れている症状に気持ちを向けて
あらためて肌について考えてみませんか?

「肌」

人間の臓器の一つであり、臓器の中でも最大の大きさと重さがあります。
汗を出し、皮膚呼吸をすることで、体内の温度を一定に保つため体温を調節する器官。
ターンオーバーをしながら生まれ変わり、老廃物を毛穴から出す排出器官。
外気から体を守る保護器官、内蔵からのメッセージを伝え体の調子を教えてくれる表現器官。
そして脳と密接な関係があり、第三の脳とも呼ばれています。

体としての役割がある肌に対し、肌にとって本当によいもの、よいケアを選んでいきたい。


「スキンケア」

肌トラブルは体からのサインとして受けとめてみる。
スキンケアは体の一部である肌を大切にする行為。
と、レセラは考えます。

自分に必要なケアは、肌が教えてくれます。
肌の状態は、1日中変化し続けています。季節によって必要なケアも違います。

スキンケアやメイクの時、どんな気持ちをご自分に向けていらっしゃいますか?

花を美しく咲かせ、なるべく長くその美しさを保つために、
花に愛情ある言葉をかけ、丹精込めて育んでいる方々がいます。
私たち女性は、花のように育まれ、大切にケアされていい。

レセラが目指すのは、その人の、一番のいい肌。
毎日の積み重ねは、あなたの毎日の素肌を作る。
あなたの肌もホめて育てて欲しい。


「化粧品」

自分に必要なケアは、肌が教えてくれるのだとしたら、
肌の状態が1日中変化し続けているのなら、

化粧品を肌質で選ばない、という答え。

その時のあなたの肌の状態に合わせて、
必要な量を、必要なやり方で、
自由に使える化粧品がいい。

食べるものを作るように ‘スキンケア製品’ を作っていきたい

口から体に摂り入れる食べもの、肌から体に摂り入れる’スキンケア製品’。
それらは生命の育みにつながり、今日のあなたをつくるもの。
だから ’スキンケア製品’ は、植物が生きたままのものを。
肌を育てながらケアしたい。


「MOONPEACH」 ~月桃スキンケア~

月桃は、二つの対極のチカラを併せ持つ植物。
排出:循環、老廃物の排出を促し、バランス崩れや吹き出物を防ぎ、火照った肌や体を鎮めるチカラ
再生:保湿や、補給、保護を助け、肌や体を内側から輝かせるチカラ
肌への効果は「潤い、ハリ、弾力、ツヤ、美白。」

肌の状態に合わせ効果が発揮できるということは、「月桃が生きている」ということ。

月桃があなたの一番のいい肌を引き出す。